重水の止め方

トイレからの水漏れで止水方法が不明。こんな時には、

トイレの水が止まらないと言うのはタンク尚のパッキンが劣化しているケースと、トイレタンク内のボールタップやチェーンが外れているケース、排水弁を塞いでいるフロートバルブの劣化などによる水漏れ等が考えられます。

壁掛けタンク


タンクから水が流れた状態のままにしておけば無駄に水を流すだけになるわけです。

緊急時の止水の仕方を覚えておくことで、トイレの水が止まらない状態を克服することが出来るわけですが、元栓の設置個所が不明と言うケースも少なくありません。

一般的に、止水栓はハンドルと言うイメージを持つ人が多いのですが、止水栓はハンドルの場合も在ればマイナスドライバーを回して止水を行う2つのタイプが在ります。

また、トイレの止水栓の多くはハンドルではなくマイナスドライバーを使って回すタイプになっているのが特徴です。

タンクは水道管から水を供給しているので、トイレタンクに繋がっている水道管を壁伝いに追いかけると、水道管が壁から出ている部分には、マイナスドライバーで回すことが出来る止水栓がついています。

止水栓をマイナスドライバーで回してあげる事で水を止めることが出来ます。

尚、便器の構造によってはトイレ内のタンクの裏側など見つけ難い場所に止水栓がついている事も在ります。
そのため、トイレの水が止まらない状態になる前に、どこに止水栓がついているのかを調べておくと安心です。

因みに、元栓の設置個所が不明で水が流れっ放しになってしまうと言う場合は、水道の元栓を止めてあげれば水を止めることが出来ます。


世田谷区 練馬区 大田区 足立区 板橋区
江東区 葛飾区 品川区 北区 新宿区
東京都内エリア地域別紹介
中野区 豊島区 中央区 目黒区 文京区
杉並区 江戸川区 港区 千代田区 渋谷区
荒川区 台東区 墨田区

お客様からの感謝文掲載
先日は、トイレ修理で大変お世話様になりました。長い間使っているトイレでいつトラブルが起きるか心配していました。修理をしてもらって悪くなっている部品を交換してもらえて当分の間、安心してトイレに行く事が出来ます。修理費用も考えていた範囲内だったし本当に有難うございました。


総合受付電話番号

copyright©2019 修理隊 all rights reserved.