シリコンモールドの使い方や作り方について

シリコンモールドの作り方と使い方をマスター

ハンドメイドのアクセサリーを作るときは、シリコンモールドを活用するのが便利です。

シリコンモールドは、石鹸やキャンドル、料理などの型としても使うことが出来ますが、その作り方や使い方はご存知ですか?

シリコンモールドは、熱や薬品、水などに強いので特にUVレジンで透明なアクセサリーを使う時などは、そのままUV硬化させることもできます。

そのモールド自体の作り方を学んで、オリジナルを制作することも可能ですし、最近では安価なモールドもたくさん販売されているので、そのまま使えたりもできます。

今回は、『シリコンモールドの使い方や作り方について』と題してご紹介させていただきます。

シリコンモールドの作り方

シリコンモールドの型枠を作ることが出来れば、そこに材料を加えて同じアイテムをいくつも量産できます。ハンドメイドアイテムを複数つくる場合にはとても便利な材料です。

シリコンモールドの作り方

用意する材料

型を取りたいアイテム
シリコンとアイテムを入れる容器(型がとれるように広く浅いモノがよい)
シリコンの材料
硬化剤
かき混ぜ棒
シリコンを混ぜるコップ

作り方の手順

① シリコンを入れる容器に、型を取りたいアイテムを並べる
② シリコンをコップの中に適量入れて計量する
③ 硬化に必要な分量の硬化剤を加える
④ 硬化が始まる前にかき混ぜて、空気抜きをしておく
⑤ シリコン材料をアイテムが並んだ容器に加えていく(適量)
⑥ 硬化するのを待つ
⑦ 容器からはずして、アイテムも取り除く

シリコンの型枠を作るときの注意点はいくつかあります。一つは、シリコン材料と硬化剤の分量を正確にはかって混ぜること。硬化が不十分にならないように注意してください。

気泡を抜くのも結構重要、よくかき混ぜてコップごとトントンすれば気泡が浮いてきます。

さらに、アイテムを並べた容器にシリコン材料を流し込むときは、完全にすべて沈まないように後でアイテムがとれるようにするのもポイントです。

シリコンモールドの使い方

シリコンモールドは、一旦作成してしまえば複数回作ることも可能です。特に今回は、ソープを使ったハンドメイド石鹸の作り方をご紹介します。

ハンドメイドソープの作り方

① ソープの材料をカットして器に入れる
② レンジでソープの材料を溶かす
③ ソープの材料にアロマオイルや顔料を加えてアレンジ
④ モールドに流し込む
⑤ 冷えて固まったらモールドから外して完成

シリコンモールドを使ったハンドメイドソープは、小さい手のひらサイズからかなりの大型まで自由自在に作成することが出来ます。是非チャレンジしてみてください。

シリコンモールドの用途の種類

シリコンモールドを使って作るものして代表的なのは、

・UVレジン(アクセサリー、硬化ができるとよい)
・キャンドル
・アロマソープ
・お菓子、料理
・氷

など様々なものがあります。是非型枠づくりから、使い方までマスターしてアイテムを沢山作ってみてください。

まとめ

今回は、シリコンモールドの使い方や作り方と題してご紹介いたしました。シリコンモールドの型枠づくりから、使い方まで一連の方法をマスターすれば、沢山のアイテムを作ることが出来て便利です。

特に、ハンドメイドが好きな方は是非チエックしてみてください。