スワップアービトラージfx 自動で資産運用

アービトラージ(裁定取引)を活用する運用

アービトラージとは裁定取引のことを言い、同じ商品の価格差を利用して利ザヤを稼ぐ昔から存在する手段です。アービトラージ資産運用のメリットは、両建てにおける価格差を利用するので、取引や売買に関係するリスクを大幅に低減させることが出来ることです。

普段の生活で馴染みのある同じようなモノとして、古本のせどりがあります。せどりでは、Amazonやオークションなどの中古本の相場価格と、一般の古本屋で販売されている中古本の値段に価格差が生じていることを利用し、商品と価格差を見つけることができれば簡単に利ザヤを獲得することが出来ます。

アービトラージは、実生活でも広く馴染みのある一般的な利ザヤ獲得の方法です。

SWAP BANKING SYSTEM のご紹介

FXを利用したスワップアービトラージFX

FXとは外国為替取引のことを言い、海外の為替相場を利用した資産運用方法です。

世界には、日本円やアメリカドル、ユーロ、人民元などの通貨がたくさんありますが、それらの相対的な価値は常に変化しています。

その為替レートの変化を利用して稼ぐ方法がFX(外国為替取引)なのですが、大きく分けて2種類の運用方法があります。

① 為替差益を活用

為替差益を活用する手段は、FX取引で広く一般的な手法です。例えば1ドル=100円で1万ドル(100万円)購入して1ドル=110円で売却した場合、単純計算で1ドルあたり110円-100円=10円の差益が発生しますので、10万円(10円×1万)のプラスです。

しかし、為替相場が逆に向かった場合(90円)、1ドル当たり90円-100円=-10円となり10万円のマイナスとなってしまうこともあります。

このように為替差益を利用したFX取引の場合、リスクが高いケースもあるのが注意する点と言えるでしょう。

② 金利差を活用

一方で、為替相場における各国の金利差(スワップポイント)を活用するFX取引の方法もあります。

金利差(スワップポイント)とは、各国の通貨における金利の違いのことを指します。

日本の金利0.1%であるのに対し、オーストラリアドルが金利2.0%であったケースです。単純計算で1.9%(2.0%-0.1%=1.9%)の金利差が生じており、同額資産を売りポジションと買いポジションで持っていれば、毎日金利差(スワップポイント)を受け取ることが出来ます。

各国の金利で差額が生じている限り、ポジションを正しく持っていればリスクなく金利差(スワップポイント)を継続的に受け取ることが出来ます。

世界中の為替相場をプログラムがチエック

Fintech(フィンテック)とは、Finance+Technology(ファイナンス+テクノロジー)の略で、IT技術の向上と共に最近注目されている分野です。

ITのテクノロジーは、このような金利差(スワップポイント)の発生する情報を瞬時に見極め、正しいポジションで自動売買を可能とします。

その結果、理論的にはリスクのないスワップアービトラージの手法を、自動で行うことも可能です。

レバレッジが利幅を増加

FX(為替取引)の最大の特徴は、手元資金に割合にあわせてレバレッジをかけることが出来ることです。取引証拠金(10万円)に対して、レバレッジ10倍、100倍で取引すれば、100万円、1000万円分の取引を行うことが可能です。

金利差(スワップポイント)を活用するFX取引で、レバレッジを活用することでより大きな金利差(スワップポイント)を獲得することも可能です。

まとめ

今回は、スワップアービトラージを利用した資産運用手法と題してご紹介しました。

金利差(スワップポイント)を活用した、自動取引を活用すれば、忙しいビジネスマンの方にもモニターをチエックすることなく、FX(為替取引)資産運用が可能となります。

Fintech(フィンテック)の新しい運用方法を是非、オプションの一つにご検討ください。

 

SWAP BANKING SYSTEM のご紹介

 

 

 

完全自動スワップアービトラージ最適化システム

 

 

 

 

 

 

Please Login to Comment.

2 × 1 =