可愛い安い!人気スクイーズのご紹介

人気の可愛い安いスクイーズ

スクイーズは、そのプニプニした柔らかい感触で子供たちに大人気のアイテムですが、最近は安い可愛いスクイーズがたくさん見られるようになりました。

人気のスクイーズはデザインも豊富で、パンダやバナナ、ケーキや桃など様々な種類があります。そんな人気の可愛いスクイーズの中から今回はいくつか選んでみました。

『可愛い安い!人気スクイーズのご紹介』と題してご紹介させていただきます。

スクイーズが大好きでたまらないと言った人は、是非チエックをお願いします。

 

柔らかそうなパンのスクイーズ

思わず実物と見間違えてしまうぐらいかわいいタイプのスクイーズです。パンのタイプのスクイーズは沢山ありますが、こちらのスクイーズは結構リアルなつくりをしています。キーホルダータイプなので持ち運びも便利です。

カラフルバナナのスクイーズ

カラフルなバナナのスクイーズです。縁日で売っているような棒に刺さったようなデザイン。思わず触ってみたくなりますよね。

ソフトクリームのスクイーズ

第一印象は可愛い!と言ったイメージのやや小さめのソフトクリームのスクイーズです。色々な種類がありますので、お気にいりのカラーが見つかるかもしれません。

哺乳瓶タイプのスクイーズ

哺乳瓶タイプの牛柄デザインのスクイーズです。カバンなどにちょっとぶら下げて空いた時間にモミモミ触って楽しむことが可能です。

ベーカリーセットのスクイーズ

たくさんの種類のパンのスクイーズは、まとめて飾るとかなりの存在感ですよね。色々な種類があるので自然と触りたくなってきます。ハンバーガーのパンのスクイーズはキーホルダーになっていますので持ち運びも便利です。

まとめ

今回は、可愛い安い!人気スクイーズのご紹介でした!たくさんの種類のスクイーズがあると、どれも触ってみたくなります。カラフルでお洒落なデザインのスクイーズがよくみられるようになりました。

是非、お気に入りのスクイーズが見つかったらチエックしてみてください。

 

 

いろいろなスクイーズをご紹介 触って楽しい!

触って楽しいスクイーズ ガチャガチャ

ムニムニの低反発な触り心地がたまらない(^^)/
子供たちに大人気のスクイーズ
沢山の種類があって、触り心地もそれぞれ違うんです。

臭いがするタイプや、大きいふかふかのタイプなど
子供たちは、色々集めて楽しんでいます。

スクィーズ購入品紹介の動画

低反発スクイーズは、触り心地が最高!パンやリンゴなどフルーツなど

パンの低反発スクイーズが人気
スクイーズは触り心地がいい!と最近子供たちの間で大人気のアイテムの一つです。

様々な種類のデザインがあって、サイズも手のひらサイズからキーホルダーぐらいの大きさまであります。

パンのタイプやリンゴやミカン、桃やマンゴーなどのフルーツ系、ケーキなどとってもカラフルでお手軽サイズなので、子供も安心して遊ぶことが出来ます。

スクイーズはたくさんの触り心地があるのですが、その中でも低反発タイプのスクイーズは感触がモミモミで、子供達にはたまらないらしいのです。

今回は、『低反発スクイーズは、触り心地が最高!パンやリンゴなどフルーツ』と題してご紹介させていただきます。

スクイーズファンの人は、低反発スクイーズのチエックをお願いします。

食パンやクロワッサンパン

様々な種類の可愛い顔が描かれている、食パンタイプのスクイーズです。

普通のパンに比べて顔があるだけでとってもかわいくなるのがいいですね。触感も低反発を十分体験していただけます。

リアルな食品サンプルのような低反発スクイーズです。

サンドイッチに挟まっているハムやレタスもリアルに再現されていますので、一見スクイーズのように見えませんが、触るととても柔らかです。

リンゴのスクイーズ

フルーツ系スクイーズは、甘い香りがついている物もあって、とてもリアルで可愛いデザインです。

子供の手のひらサイズの大きさなので、片手で遊んでいただけます。キーホルダーとしても利用可能です。

出るゾ系のミカンのタイプも

キーホルダーのタイプのミカンのスクイーズですが、低反発ではなく、押すと中から身が出てくる出るゾ系スクイーズです。

ぬるっとしたようなミカンの中身が出てきますので、リアル感も抜群。見た目で楽しむことが出来るスクイーズです。

まとめ

今回は、低反発スクイーズ、触り心地最高(パンやリンゴなどフルーツ)と題してご紹介いたしました。低反発スクイーズは、特に子供達に大人気です。

パンやフルーツなどの低反発系スクイーズは、リアルなタイプからキャラクター系のものまで様々です。中にはほのかに甘い香りがするものもあります。

是非、たくさんのスクイーズをチエックして触感を楽しんでください。

口コミで大人気!子供でも作れる簡単スクイーズ作り方

最近口コミで人気なのが、子供でも作れる簡単スクイーズ作り方です。子供達がスクイーズ作り方にはまってしまい、たくさんのスクイーズ作り方動画をYoutubeに投稿しているのでよく視聴してしまいます。

スクイーズ作り方は、実はとても簡単で材料もほとんど100均で入手することが出来ます。あまり費用をかけずスクイーズを作ることができるのも口コミで人気が出た理由の一つかもしれません。

今回は、『口コミで大人気!子供でも作れる簡単スクイーズ作り方』と題してご紹介させていただきます。

簡単スクイーズ作り方にはまっている方は、是非チエックお願いいたします。

スクイーズ作り方に必要なものは?

スクイーズ作り方で必要な主な材料に下記のものがあります。どれも100均で入手することができるものばかり(ジョイントコーク以外)ですので、事前に買い揃えるのも良いでしょう。これだけの材料があれば、かなりの種類のスクイーズを作成することも可能です。

・パフ(化粧用)
・アクリル絵の具
・カッター
・ハサミ
・スポンジ
・紙粘土
・ゴム風船
・ジョイントコーク(シリコン剤など)
・小麦粉

また、スクイーズと同じく人気のあるスライムも作りたい場合、追加の材料が若干必要です。

・洗濯ノリ(PVA)
・ホウ砂
・水
・紙コップ
・割りばし

これらもほとんどを100均で入手することが可能ですが、ホウ砂は薬局で購入する必要があります。50gもしくは500gのものが、500円~1000円程度で販売されています。

スクイーズ作り方を知るためには

材料を揃えたら、スクイーズ作り方をYoutubeの動画をみて確認するのが良いでしょう。

低反発タイプのスクイーズ作り方は、一般的にスポンジや化粧パフを丁度良い形にカットして、アクリル絵の具もしくはジョイントコークなどを表面に塗ることで硬さを出します。

その後、何度が重ね塗りすることで丈夫な低反発スクイーズが完成します。

低反発スクイーズを作るときに注意が必要なのは、厚さがかなりあると表面のしわが深くなってしまうので、薄めのスクイーズがおススメです。

スライムもスクイーズと同じぐらい楽しい

スクイーズと同じように、子供達に人気のアイテムの一つにスライムがあります。

スライムは、発光タイプや磁石にくっつくタイプなどありますが、普通のスライムもとても楽しいです。作り方は、基本的にホウ砂に洗濯ノリ(PVA:ポリビニルアルコールが含まれるタイプ)を加えてかき混ぜるだけです。水の含有量で固さが変わります。

また、ラメやつぶつぶ、シュワシュワなど一緒に加えると違ったスライムをつくる事も出来ます。

是非、スライムづくりにもチャレンジしてみてください。

まとめ

今回は、口コミで大人気!子供でも作れる簡単スクイーズ作り方と題してご紹介いたしました。

スクイーズは子供に大人気の今注目のアイテムの一つで、誰でも気軽に手作りスクイーズを作ることが出来ます。

材料も100均で買い揃えることができるものばかりなので、費用もあまりかかりません。

是非、スクイーズ作り方に興味がある人はチエックをお願いいたします。

スライムスクイーズ作り方 30分でつくれる簡単レシピ

スライムを使ったスクイーズ作り方
スライムやスクイーズは子供に大人気の注目アイテムで、作り方を学習すればオリジナルを簡単に入手することが可能です。

スクイーズ作り方には、小麦粉を使ったタイプのモミもみ触感や、スポンジを使った低反発タイプなどたくさんありますが、今回はスクイーズ作り方の中でもスライムを使ったスクイーズ作り方をご紹介いたします。

スライム作り方も実は結構簡単で、スライム自体でも十分楽しむことが出来ます。

今回は、『スライムスクイーズ作り方 30分でつくれる簡単レシピ』と題してご紹介させていただきます。

スクイーズ作り方とスライムについてチエックしたい方は、是非ご確認をお願いいたします。

スライム作り方

最初にスクイーズの中に入れるスライムの作り方をご紹介いたします。

スライムの作り方は結構簡単なのですが、ホウ砂という薬品を使いますので、小さいお子様は保護者の方が作ってあげてください。

ほとんどの材料(ホウ砂以外)は、100均などでも入手することができます。

準備するもの

・ホウ砂(5g程度でOK)
・洗濯ノリ(PVAタイプ)
・水
・はかり
・絵の具
・紙コップ
・割りばし

スライム作り方

① 紙コップにホウ砂を5g入れて水50g加えて溶かす
② もう一つの紙コップに、水100gを加え絵の具で色をつける
③ 洗濯ノリ(PVAタイプ)を100g容器に入れる
④ 容器に着色した水100gを加えて混ぜ合わせる(洗濯ノリ+着色水)
⑤ 容器に少しずつ割りばしでかき混ぜながら①のホウ砂溶液を加えていく
⑥ 水を加えるなどして固さを調節して完成

スライムを作るときの注意点

・ホウ砂が溶け残りやすいのでよくかき混ぜてください(残ったら次回に利用できます)
・容器にホウ砂溶液を加える時はかき混ぜながら少しずつ加えます
・スライムが団子になってしまった場合、水を少し加えてモミモミしてください
・絵の具はほんの少しで良いです(透明になります)

スライムを作るときは、切り傷や擦り傷など怪我をしている時は、ホウ砂が体内に吸収されるのを防ぐために手袋をした方が良いこと、スライムを触って遊んだらよく水で手を洗うことに注意してください。

スライムは、1回で250gほどできるので、十分な量があります。たくさんの色を作りたい場合、小分けにして色付けしてみてください。

赤と青の2種類のスライム

今回は、2種類の色のスライムを作りました。赤と青のスライムですが、両方を混ぜると紫のスライムもできるので3種類の色がつくれます。

スライムは空気に触れさせておくと1種間程度で乾燥してしまうので、ジップ袋やラップなどで保存するのが良いでしょう。

スライムを使ったスクイーズ作り方

次にスライムを使った風船スクイーズ作り方をご紹介いたします。風船スクイーズは、スライムを中に入れてデコレーションするだけの簡単なタイプです。モミモミすると、触感と素敵な音がするのがよいですね。

準備するもの

スライム
ゴム風船
リボンやマジックなど

スクイーズ作り方

① スライムをゴム風船の中に入れる
② 入れ終わったら縛る
③ ゴム風船をデコレーションする

スライムスクイーズは、ゴム風船の口が小さい場合は、入れるのに少々苦労します。また、ずっとモミモミしているとゴム風船が伸びて来るので、ダブダブになってくる場合があります。

まとめ

今回は、スライムスクイーズ作り方、30分でつくれる簡単レシピと題してご紹介いたしました。

スライムもスライムを使ったスクイーズも、材料を準備すれば短時間でつくることができる子どもに大人気のアイテムです。

特にスライムは、沢山に色のタイプを作ることも可能ですし、スライムスクイーズも独特の触感が楽しいです。

是非お時間のある時に作成してみてください。

簡単なスクイーズ作り方について 低反発やプニプニタイプも

簡単低反発のスクイーズ作り方
スクイーズがアミューズメント施設やイオンなど商業施設で、最近子どもたちに大人気です。

スクイーズには低反発やプニプニ、モチモチと言った様々な触り心地のタイプがあり、その気持ちよさも子どもの心をつかんでいるようです。

そんなスクイーズ作り方も割と簡単と、最近では自作スクイーズをつくるのが流行っているようです。特に低反発のタイプや、液体のタイプ、粉のタイプなど、使う材料によって触り心地を変えられるのもよいですね。スライムを使ったタイプもあるようです。

スクイーズ作り方は、スライムも含めて子供達にはかなり気になるようです。

今回は、『簡単なスクイーズ作り方について 低反発やプニプニタイプも』と題してご紹介させていただきます。

簡単・低反発スクイーズ作り方を是非チエックしてください。

低反発のスクイーズ作り方

低反発タイプのスクイーズ作り方はかなり簡単です。100円均一で揃えられる材料を使った簡単スクイーズ作り方をご紹介いたします。

使う材料

・お化粧のパフ
・ガラス絵具

簡単スクイーズ作り方

① お化粧のパフをお好みのサイズにカットする
② カットしたパフにガラス絵具を塗っていく
③ ガラス絵具を重ね塗りして光沢が出るまで繰り返す

たったこれだけで、低反発スクイーズをつくることができます。ガラス絵具は何層も塗り重ねないと頑丈にならないので必ず2度塗りしてください。

簡単スライムスクイーズの作り方

スクイーズと同じく子供達に大人気のスライムの作り方と、そのスライムを使ったスクイーズ作り方をご紹介します。スライムを作るときはホウ砂を使います。

使う材料

・ホウ砂
・水
・風船ゴム
・絵具
・洗濯糊(PVA)
・かき混ぜ棒
・紙コップ
・ボール
・リボンやマジック(飾りつけ用)

簡単スクイーズ作り方

① ホウ砂を5g準備して水50gを紙コップにとかす
② ボールに洗濯糊100gと水100gに絵具を加えて色を付けておく
③ ②の液体に①を少しずつかき混ぜながら加えていく
④ ③の液体(スライム)が出来たら、風船ゴムに入れる
⑤ 縛って飾りつけをすれば完成

スライムを使ったスクイーズは、風船ゴムに入れると触感がとても良いスクイーズをつくることができます。

特に絵具の色を変えればたくさんの種類を作ることが出来ますし、加える水を加減することで、スライムの硬さの調節もできます。

スライムだけで遊ぶことも

子どもたちの間では、スライムだけでもたくさんの種類が作れると人気の様です。特に色を変えたり、硬さを変えたり、ラメのキラキラやツブツブを加えたりして、オリジナルのスライムをつくったりできます。

スライムはホウ砂という材料を使用します。ホウ砂は傷口から体に入るとあまりよくないので、怪我をしている場合は注意します。またスライムを触って遊んだあとは、よく水で手を洗った方が良いでしょう。

まとめ

今回は、簡単なスクイーズ作り方、低反発やプニプニタイプもと題してご紹介いたしました。

スクイーズは子供たちに大人気で、アミューズメント施設やガチャガチャで入手することができますが、自分でスクイーズ作り方をチエックすれば自作することも可能です。

低反発タイプやスライムタイプなど、様々な触感を楽しむことが出来ます。是非お気に入りのスクイーズ作り方をチエックしてみてください。

シリコンモールドの使い方や作り方について

シリコンモールドの作り方と使い方をマスター

ハンドメイドのアクセサリーを作るときは、シリコンモールドを活用するのが便利です。

シリコンモールドは、石鹸やキャンドル、料理などの型としても使うことが出来ますが、その作り方や使い方はご存知ですか?

シリコンモールドは、熱や薬品、水などに強いので特にUVレジンで透明なアクセサリーを使う時などは、そのままUV硬化させることもできます。

そのモールド自体の作り方を学んで、オリジナルを制作することも可能ですし、最近では安価なモールドもたくさん販売されているので、そのまま使えたりもできます。

今回は、『シリコンモールドの使い方や作り方について』と題してご紹介させていただきます。

シリコンモールドの作り方

シリコンモールドの型枠を作ることが出来れば、そこに材料を加えて同じアイテムをいくつも量産できます。ハンドメイドアイテムを複数つくる場合にはとても便利な材料です。

シリコンモールドの作り方

用意する材料

型を取りたいアイテム
シリコンとアイテムを入れる容器(型がとれるように広く浅いモノがよい)
シリコンの材料
硬化剤
かき混ぜ棒
シリコンを混ぜるコップ

作り方の手順

① シリコンを入れる容器に、型を取りたいアイテムを並べる
② シリコンをコップの中に適量入れて計量する
③ 硬化に必要な分量の硬化剤を加える
④ 硬化が始まる前にかき混ぜて、空気抜きをしておく
⑤ シリコン材料をアイテムが並んだ容器に加えていく(適量)
⑥ 硬化するのを待つ
⑦ 容器からはずして、アイテムも取り除く

シリコンの型枠を作るときの注意点はいくつかあります。一つは、シリコン材料と硬化剤の分量を正確にはかって混ぜること。硬化が不十分にならないように注意してください。

気泡を抜くのも結構重要、よくかき混ぜてコップごとトントンすれば気泡が浮いてきます。

さらに、アイテムを並べた容器にシリコン材料を流し込むときは、完全にすべて沈まないように後でアイテムがとれるようにするのもポイントです。

シリコンモールドの使い方

シリコンモールドは、一旦作成してしまえば複数回作ることも可能です。特に今回は、ソープを使ったハンドメイド石鹸の作り方をご紹介します。

ハンドメイドソープの作り方

① ソープの材料をカットして器に入れる
② レンジでソープの材料を溶かす
③ ソープの材料にアロマオイルや顔料を加えてアレンジ
④ モールドに流し込む
⑤ 冷えて固まったらモールドから外して完成

シリコンモールドを使ったハンドメイドソープは、小さい手のひらサイズからかなりの大型まで自由自在に作成することが出来ます。是非チャレンジしてみてください。

シリコンモールドの用途の種類

シリコンモールドを使って作るものして代表的なのは、

・UVレジン(アクセサリー、硬化ができるとよい)
・キャンドル
・アロマソープ
・お菓子、料理
・氷

など様々なものがあります。是非型枠づくりから、使い方までマスターしてアイテムを沢山作ってみてください。

まとめ

今回は、シリコンモールドの使い方や作り方と題してご紹介いたしました。シリコンモールドの型枠づくりから、使い方まで一連の方法をマスターすれば、沢山のアイテムを作ることが出来て便利です。

特に、ハンドメイドが好きな方は是非チエックしてみてください。